クリエイター200人祭り!2017年 メインビジュアル制作の裏側

メインビジュアル制作の裏側

11月23日(木・祝) あべのハルカスで開催!
14:30開場 15:00スタート

今すぐ申し込む

収入を上げたい!独立したい!転職したい!

満員御礼!
ありがとうございました!

当日受付枠が若干ですがまだありますので、参加ご希望の方は「当日支払申し込みフォーム」からお申し込みください。

はじめまして!クリエイター200人祭り実行委員会です。

あなたは日々多忙なクリエイティブな仕事に関わる中で、
3年後の自分の将来について考えたことありますか?

今より収入が上がり、今より自由に働き、良い条件で転職・独立できれば、
今よりもっと幸せに暮らせていけそうですよね?
でも、自分では結局どうしたらいいか分からず、
スキル身につけようにも時間だけが過ぎて焦ってしまう。

そんなあなたに、実はちょっとした情報や人のつながりがキッカケで
「将来は変えられる!」
「理想のライフスタイルは手に入れられる!」
ことを伝えたく、 「クリエイター200人祭り」を今年も開催します!

200人祭りとは、
同じ悩みをもっていた人が実体験を元にお話しするトークイベントの他、
人脈を広げるしゃべり場・交流を行うイベントです!

あなたが人生を変えるキッカケが盛りだくさん!
3年後の将来に向かって、爆裂スタートダッシュを決めて下さい!

こんな人におすすめです!

収入を増やしたい
このまま働き続けて、定年後どうなるのだろう。自力でなんとか収入を増やせないだろうか。
フリーランスになったが、時間をもっと得るために単価をあげられないだろうか
相談できる人がいない
自分の専門外の案件を受けたものの、相談できる人がおらずどうしたらいいか分からない。
同業の知り合いがおらず、周りがどうしているのか知りたい。
転職したい
毎日終電、休みもない。残業代も出ない。
転職したいが自分でできるのか不安・・・
独立したい
今の職場でこのまま年をとるのは嫌だ!
今からでもなんとかしたい!
もっと自由な働き方がしたい!
4コマ漫画その1

このイベントのおすすめポイント!

1.人生を変えられそう!と燃える考え方を知れる!2.スキルよりも大切なクリエイターに求められている本質が分かる!3.次の仕事に結びつくようなつながりが持てる!

どうしてこんなイベントをやるの!?

私たち実行委員会が、かつて同じ悩みに苦しんできたからです。

今の時代、高収入や転職・独立の成功事例の多くは、
ネットで調べれば山のように見つかりますよね。

しかし、そうした事例は実際に
あなたが直面している問題に対しての解決策になるでしょうか。
必ずしもそうではないですよね。

誰もがぶつかり苦しんでる問題ですが、
解決なんて無理。諦めよう…っと思う人が大多数なのが現状です。
本当に、本当にコレって解決できないんでしょうか?

【いや、そんなことはない!きっと手段を知らないだけだ!!】

実行委員メンバーが自分の現状を変えられたのは、
人生を変えるためのちょっとした考え方を知れたからです。
内容はあまりにも身近でイメージしやすく、
誰でも「明日からできるかもしれない!」と思えるはず。
その感覚を、是非ともあなたに体験して欲しい!

そんな思いから

3年後の自分へ爆裂ダーッシュ!!
クリエイター200人祭り
を行います!!

実際、どんなことするの?

その場でスマホから!クリエイター多数決

あなたはどっち?

みんなどう思っているんだろう?
聞きたい質問をその場でスマホを使って集計して白黒つけちゃいます!
質問例:叶うなら週7で年収1000万(お金)と週3で年収300万(時間)どっち?

対談動画 ぶっちゃけトーク生配信!

「200人祭の実行委員長と当日の登壇者4人のインタビュー対談」

4人対談動画

エンジニア・プログラマー・イラストレーター・貼り絵作家・クリエイター支援、その職業についたきっかけやそれぞれの今の働き方などクリエイターならではの気になる話をぶっちゃけます!当日の登壇内容もちょっとだけ公開!? 若手クリエイターのリアルなライフワークをご覧いただけます。

動画を見る

「ぶっちゃけどうなの!? フリーランスとお金のここだけ話!」

4人対談動画

今年フリーランスになったばかりの道上実行委員長が、既にフリーランスとして活躍している樫本祐輝さん、高橋直通さんに「フリーランスになってからのお金の疑問」 について徹底的に質問しちゃいます!

動画を見る

こんな人が話します!

登壇者その1

就職を選ばず新卒フリーランス3年、エマ・ワトソンに恋した文系大学出身20代がプログラマーになったワケ

南さんの画像

グロースハッカー

南 健太郎

Facebook:https://facebook.com/minami.kentro

Twitter:mkentaroproggr1

1991年生まれ。
当時やりたくなかったプログラミングを武器に就職せずにそのままフリーの英語ができるプログラマーとして独立。

英語は元々大嫌いだったが、高校生の時にハリーポッターに出ていたエマ・ワトソンに恋したことで英語を本気で勉強。


英語系の大学に入学し、大学2回生の時に受けた留学試験で、「君の情熱はよく伝わったけど、君が単位を取ってくる気がしない。」という理不尽な理由で落とされたことで人生には必ず理不尽なことが起こることがあると実感。

今後自分の人生を生きていく中で理不尽な目にあっても対応できる力が必要だと考え、起業系のイベントに大学3回生の時に色々と参加。


そんな中「家で仕事していたいので、パソコンを使って起業しました。」というのを聞き、プログラミングをすることを決意。


1年間ほど在学中にiPhoneアプリの勉強をするが結局タイピング能力が上がっただけで挫折し、改めてプログラミングって難しいことを実感。


どうしようか迷っていたところに次の記事を発見する。
Facebook元役員「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。」


https://lrandcom.com/facebook_former_executive_learning_programming_guarantee_life_time_work


この記事を読むことでプログラミングをマスターすればやはり今後どんな理不尽なことが起きても就職に困らないプラスうまいこといけば世界中飛び回りながら仕事ができると確信。


プロに教えてもらうために知り合いの方がやっていたプログラミング講座を受けたことでコツを掴み、半年ほどシステム会社にアルバイトとして入り、そのまま就職せずに独立。


大手サイトの保守やシステム開発、Webサービス開発やWordpressプラグイン開発などを行う。 現在は「ノブレス・オブリージュ」を理念に、業務の自動化やクローラーなどのツール開発を行い、パートナーの事業を加速させるグロースハッカーとして活躍中。

登壇者その2

営業が怖いと思っているあなたへ。ほっこり癒し系イラストレーターが東京営業から学んだ企業が求めていること

Haijiさんの画像

ほっこり優しい
癒し系イラストレーター

Haiji

Facebook:https://www.facebook.com/illustrator.Haiji/

HP:http://haijinoenikki.com/

ほっこり優しい癒し系のイラストを描くイラストレーター。
1984年1月23日生まれのO型。山口県下松市、京都市を経て現在は兵庫県西宮市在住。

イラストは独学。水彩絵の具、アクリル絵の具、Photoshop、iPadProを使用し、ポップな挿絵やメルヘンなイラストを手がける。

子どものころの夢は絵描きになること。自分の描いた絵で家族やクラスメイトが喜んでくれることに幸せを感じていたため。

大学時代には社会科の教員を目指し教員免許を取得。しかし子どもの頃から好きだった絵の道にやはり進みたいと考え、教員にもならず就職もせずアルバイトに明け暮れる日々。


そんなときアルバイト先であるレストランの店長が倒れ、代わりに店長をすることになる。料理も接客も上手ではなかったが、他のスタッフが覚えやすいように・分かりやすいようにと、仕事の手順や複雑なレシピを1枚のイラストにすることにひたすら情熱を燃やす。


現在はブライダル系のインハウスデザイナーとして会社に勤めながら、個人でイラストの仕事を受注している。


「イラストを通じて子どもたちを笑顔にしたい」という思いを胸に、教科書や学習参考書の仕事に特に力を入れている。
わかりにくいことを整理してわかりやすい形に変換することが得意で、今後は見やすく分かりやすい、そしてほっこりとどこか癒される学習参考書のプロデュースをすることが現在の夢。あと、いつかNHKみんなのうたのイラストを描きたいと思っている。

登壇者その3

ワードもエクセルも知らなかった、SNSって何?コピペって呪文?
〜もしアナログ一筋のアート作家が「IT・Webマーケティング」を学んだら〜

岡森さんの画像

オーダーメイドの貼り絵やさん

岡森 陽子

岡森陽子HP『紙技』:http://kamiwz.info/

1985年 大阪生まれ。
17才(高校三年生)のとき、慢性疾患であるバセドウ病(甲状腺疾患)を発症。

進学・就職の道に進めず、残りの10代を治療に費やす。
「このままじゃいけない、自分を変えたい!」と思い、図書館で『甲状腺の病気を治す本』(栗原英夫ドクター)を読む。
その分かりやすい解説に感動し、すぐにドクターに手紙を出すと、速達にてお返事をくださる。

そして「あなたの物語をそのまま絵本にしましょう!」とのお声かけをいただき、2009年(24才)に闘病冊子『負けないーバセドウ病と共に生きるー』を出版。
現在、日本甲状腺学会や日本看護協会、循環器内科・思春期外来の待合室、医療系大学で使用される。


栗原ドクターの紹介で甲状腺疾患専門病院に転院し、二度の放射性ヨード内用療法を受ける。
体力も回復してきたころ、東日本大震災を経験。
栗原ドクターが岩手・盛岡にお住まいだったことから”自分にできること”を考える。


そして身近な素材で展開できる貼り絵を思いつき、震災一年後の2012年、大阪で初個展開催。(SoHoアートギャラリー@大阪市)
「自分にもできることがある」
「自分も人を笑顔にできる」
その自信によりますます貼り絵活動が展開。
2014年、第二回個展開催。(SoHoアートギャラリー@大阪市)
2015年には地元・岸和田のインターネットテレビにゲスト出演、テレビ局一階のイベントスペースで個展開催も。


現在は時代に合ったWEBマーケティングも学んで取り入れ、ほぼWEBからお仕事をいただく。
活動理念は『陽矢(はれるや)』
(陽…名前より 矢…すなおに、まっすぐ)
個人の持つ「良さ」「強み」が他者によって「ほめたたえられる」、そんな世の中になりますようにとの想いで展開中!
貼り絵の受注制作『創る』貼り絵ワークショップ・作文教室の開催・開講『教える』そして貼り絵作家ストーリーの発信『語る』の三本柱で活動しています。

登壇者その4

クリエイター支援の立場から伝えたい。
クリエイターの現状と次世代クリエイターに必要なこと。

カッシーさんの画像

フリーランス/クリエイターギルド
TheCreative主宰

カッシー(樫本祐輝)

1985年生まれ岡山出身高槻在住。
21歳でフリーランスWebデザイナーとして独立→ゲーム開発会社リーダー→マーケティング会社→NPOでニートの就労支援の後再び独立。

フリーランス向けセミナーを過去東京大阪にて30回以上開催。対面300人以上の相談にのる。

現在は企業に対してIT/Creative顧問としてデザイン、システム、マーケティング、心理学などを武器に事業拡大を支援。
理念「クリエイティブな人に幸せを。」を掲げ、フリーランス/クリエイターギルド「TheCreative」を立ち上げる。IT系への転職やクリエイターの独立、収入アップに貢献し実績多数。有料にもかかわらず会員は50名を超え、それぞれの性格に合ったやりがいと収入のバランスが取れた働き方を提案し続ける。


講演・イベント開催実績に「クリエイター200人祭り@あべのハルカス」
「クリエイター100人祭り@中之島design de」
「関西クリエイター人生改革塾(クリーク・アンド・リバー社共催)」
「教育できない人は起業を諦めなさい(東京大学/京都大学内開催ゲスト登壇)」
「フリーランスNight☆東京/大阪」など。

このイベントへの応援メッセージをもらっています!

高田さんの画像

高田ゲンキ
(イラストレーター/漫画家)

プロフィール

神奈川県出身、現在ドイツベルリン在住(過去に大阪在住経験もアリ)
2004年からフリーランスイラストレーターとして活動。


マンガ:https://thinkit.co.jp/lifehack
ブログ:http://genki-wifi.net
ウェブサイト:http://genki119.com
Twitter:https://twitter.com/Genki119

やりたいことをやるために必要だと思うこと

1. ビジョンを持つこと
「やりたいことをやる」にあたって、自分の1年後、3年後、5年後、10年後をイメージできる人はどれだけいるでしょうか。僕はこれがとても大事だと思っています。 「成功したい」と思っている人はたくさんいますが、色んな人を見てきてその成功のビジョンを具体的かつ詳細にイメージできている人ほど達成率が高いと感じています。なぜなら、未来から逆算して今やることを割り出せるので判断や行動に無駄が無いからです。そして道の途中で選択肢に遭遇しても、ビジョンが見えている人は迷わないしブレません。どのようにしたら、そうしたビジョンを持てるのか? というと、一例としては自分が成功したい分野ですでに成功している先人を一人でも多く探して、その人達がどのように仕事をしてきたのかリサーチすると良いと思います。



2. ITリテラシー
多くのフリーランサー志望の若者から相談を受けてきましたが、必ず伝えるのは「”IT/デジタル”を最大限使いこなせ」ということです。ここで言う"ITリテラシー"は、「パソコンやネットを最大限自分のビジネスの拡大や生活の効率化に活かす」ということです。例えば、自分が仕事で使うアプリ(僕の場合はAdobe Illustrator、Photoshopやクリップスタジオなど)を完璧にマスターするのはもちろんのこと、webを使ったプロモーションや通信インフラの効率化や節約など。さらに、たとえば僕の場合は趣味でウェブサイトを作ったりMacを修理したりもするので、そのまま仕事に役立っています。パソコンでの作業が速くなるほど生産性が向上してたくさん稼げますし、無駄なく作業すれば仕事も早く終わってその分余暇も取れます。 "ITリテラシー”がアップするほどに短い時間でたくさん稼いで長い余暇が取れるということです。そして、余暇を使ってたくさん遊ぶ人ほどクリエイティブになって、さらに良い仕事ができるのです。



3. メンタルの強さ
「やりたいことをやる」というのは、「普通ではないこと」をする場合が多いと思います。そしてその場合、特に最初は周囲からネガティブなことを言われたりしますし、駆け出しの時はうまくいかない時期もあったりします。また、仕事がうまくいき始めてからもいろいろと困難な場面に遭遇することになります。金銭トラブルなんかは何回経験しても胃が痛くなりますし、仕事が増えすぎて締切に追われ続けるのも、嬉しいのは最初だけで次第に消耗していきます。 しかし、もちろんそんなことでいちいち挫けてては、やりたいことはできません。なので、「メンタルの強さ」が必要なのです。その辺のメンタル論は、連載中のマンガ『ライフハックで行こう!』(フリーランスのススメ編)でも描いていますので、是非読んでください。
https://thinkit.co.jp/lifehack



今年の参加者へのメッセージ

本イベントは、大阪近郊からの参加者の方々が中心かと思います。僕は神奈川県出身で現在ベルリン在住ですが、実は2011年に半年間ほど大阪に住んでいたことがあり(南森町の近くでした)、その半年間があまりにも楽しかったので大阪は大好きな街なんです。

そんな僕から言いたいことは、大阪(あるいは関西もしくは東京圏外)が好きな人は無理に東京に出る必要は無い、ということです。というのも、大阪に限らず首都圏以外のエリア在住のフリーランス志望の方からよく受ける相談のひとつに「本気でフリーランスのクリエイターを目指すなら、東京に出るべきか」というのがあるからです。

特に大阪はある意味で東京以上に楽しく刺激的な街なので、仕事のためだけに離れてしまうのはもったいないと思います。そもそも、これだけネットが発達した現代において、東京に住んで東京の学校に通い東京で仕事をする必然性はありません。
(この辺の話はブログでも書いています→ http://genki-wifi.net/howto_tokyo
確かにクライアントになりえる企業の数は東京が最多ですが、そこに向けた営業さえ今はネットを使ってできる時代です(ただし、いろいろ知識や工夫が必要なので、そのために前項のITリテラシーが必要になるわけですが)。

もちろん、並行して大阪・関西圏でロケーションを活かしたプロモーションやビジネス展開をしていけますし、更に英語ができればビジネスの対象エリアは東京や大阪だけでなく世界中に拡がります。実際、僕は今ベルリンにいますが、ネットでの発信のおかげで日本にいた頃よりも仕事や問い合わせが増えています。

日本一楽しい街大阪からのクリエイティブな発信を、世界に向けてぶちかましてください!

ジャンル別相談会(座談会)

分科会の項目画像

6つのテーマに分かれた座談会(分科会)。自分が話を聞きたい・喋りたいエリアに行こう!!

アドバイザーと一緒に喋るのも良し・詳しくないけど興味のあるジャンルに行くのも良し!ワイワイ喋りましょう!

喋るのが苦手な人でも大丈夫!各グループにスタッフがサポートに付きますのでご安心してお楽しみいただけます!

4コマ漫画その2

交流会

交流会の様子

トークイベント後には軽食付きのカフェ交流会もあります。

まだまだ話し足りない!もっとこの人の話が聞きたい!人脈を広げたい!

この場でしか聞けない話を存分に聞きたい方にオススメです。

去年のイベントの様子

イベント参加者の感想

全体的に自分の生き方を考えるきっかけとなり非常にためになった。

同じ悩みを抱えるクリエイターさんが周りにいなかったので今回多くの方と繋がれてよかったです!

ボーナスや収入面も含めて同じような仕事をしているのに正社員の方がいいのではないかと安定性も考えていたが、フリーランスという生き方がポジティブに捉えてた自分がいて、お話は聞けて良かったです。

Q&A

  • 具体的にはどんなイベント
      なんですか?過去同じ悩みを持っていた先輩が、これまで過ごしていた現状から新しい働き方を踏み出した経験を踏まえて、その考え方をご紹介するイベントです。
  • 他のイベントと何が違うの
      でしょうか?はじめにあったような悩みをもっていた人が実体験を元にしてお話します。 すでに大成功を収めた偉い人・・・ではなく、生き方を変えてまだ数年間のフレッシュな人が話すので 身近にイメージしやすいと思います。是非、明日から爆発スタートできるかも!と、感じていただきたいです!
  • せっかくなので人脈も
      広げたいのですが・・・はい!もちろんそういった場も設けています!
      しゃべり場や交流会もありますので、クリエイター200人祭りで将来を一緒に変える仲間も是非見つけて欲しいです。
  • クリエイターじゃなくても
      参加できますかはい!そういった方にも是非参加して欲しいです!去年クリエイター以外にもたくさんの業界・職種の方が参加してくれました。
      現状に悩みを抱えている・働き方や生き方を変えたいと考えている人ならきっと得るものがあると思います。 ?

ワカヤマくん画像

何かが変わった!インタビュー

ワカヤマ君

200人祭りに参加する前はどんなことに悩んでいましたか?

ここ数年は派遣で好きなWeb制作の仕事をしてきて、残業もなく休みも普通にとれるので快適で働きやすかったんですが、
正直、派遣のままでは仕事の内容もずっと変わらないし、今より収入上げるのは難しいし、あとはフリーランスかなという感じでした。

しかし、フリーランスとして働くのに、仕事ってどうやって取ってくるの?とか、経理とかってどうしたら良いのか?とか、未経験なことばかりで、まずどう行動していけば良いのか具体的なイメージができず、長い間なかなか実行に移せなていなかったのが悩みでした。

道上さん
ワカヤマ君

200人祭りに参加した後、悩んでいたことを解決しようとして
どんなことをしましたか??

イベントでは、今年からフリーで仕事はじめました!という同業の方の話が聞けたり、目標達成するにはやっぱり環境って大事だよねという話があったりしたので、普段あまり行動的な方ではないんですが、積極的に自分の周りの環境を変えて目標に向かって行動できるようにしました。

同じような目標持っている人やすでにフリーでお仕事されている方との交流を増やしたり、周りの人に「フリーランスになります!」と少しづつ宣言するようにしてみたりしていった感じです。
(正直そんな大したことはしてないんですが、もういい加減やるぞっと覚悟は決めたとこありますねw)

道上さん
ワカヤマ君

200人祭りに参加後、参加する前と比較して一番変化したことは なんですか?

つい最近の話ではありますが、ようやく居心地のよかった派遣社員を卒業して、フリーランスとしてお仕事をいただけるようになったことです!

道上さん
ワカヤマ君

参加者・参加を検討している人へのアドバイスやメッセージがあれば、教えてください。

昨年の200人祭りでは、クリエイターさん中心に色んな仕事や立場、働き方をされている方々が多く参加されていて、
意外と普段出会うことの少ない同業者の人と話せたり、同じクリエイターでも全然違う業界の世界を知れたりして面白かったです。

今年も様々なクリエイターさんが集まるイベントということで、キャリアや今後の仕事などで、悶々としている人にとっては、
近い将来、3ヶ月後や半年後、1年後をイメージさせてくれるような、自分と近い立場の人の話が聞けるチャンスになるんじゃないかと思います。

道上さん

開催場所

日本一高いビル!
あべのハルカス

会場は天王寺駅直結、あべのハルカス25階セミナールームにて開催します。
日本トップクラスの眺望を誇るセミナールームです。

開放的な場所で大阪の夜景を見下ろしながら
このイベントで自分の未来について本気で考えてみませんか?

開催概要

開催日時
11月23日
開催時間
開場:14:30
開始:15:00〜
終了:18:00 (予定)
カフェ交流会
18:15-20:00 (予定)
イベント参加費
オンラインチケット:2,500円(税込)
当日現地支払い参加:2,500円(税込)
※オンラインチケット:Peatixでの事前決済チケットです。
カフェ交流会参加費
1.500円(税込)※ワンドリンク・軽食(アルコール無し)
会場
あべのハルカス25階 会議室
アクセス
■最寄り駅
近鉄「大阪阿部野橋」駅
JR・地下鉄「天王寺」駅
阪堺上町線「天王寺駅前」駅
(※)詳しくはコチラ

タイムスケジュール

14:30 受付開始
15:00 開始・挨拶
15:10 クリエイター多数決!あなたはどっち?
15:30 スポンサー紹介
15:35 section1南 健太郎
就職を選ばず新卒フリーランス3年、エマ・ワトソンに恋した文系大学出身20代がプログラマーになったワケ
16:00 section2Haiji
営業が怖いと思っているあなたへ。ほっこり癒し系イラストレーターが東京営業から学んだ企業が求めていること
16:25 休憩
16:40 スポンサー紹介
16:50 section3岡森 陽子
ワードもエクセルも知らなかった、SNSって何?コピペって呪文?
〜もしアナログ一筋のアート作家が「IT・Webマーケティング」を学んだら〜
17:15 section4樫本 祐輝(カッシー)
クリエイター支援の立場から伝えたい。クリエイターの現状と次世代クリエイターに必要なこと。
17:40 早割申し込み者対象 プレゼントGoogle Home mini等 当選発表
17:50 ジャンル別相談会(座談会)
18:40 終了挨拶。アンケートを回収致します、ご協力お願い致します。
18:45 本編終了
19:00 カフェ交流会
20:10 交流会終了

お申し込みはコチラ

お申し込み方法はPeatixでの「事前決済」と「当日支払い」の2通り

事前決済申し込み

セミナーのみ (2,500円)
セミナー + カフェ交流会 (4,000円)

申し込む(Peatixに移動)

peatixでの事前決済チケットは、全て完売いたしました。
当日受付枠が若干ですがまだありますので、参加ご希望の方は「当日支払申し込み」フォームからお申し込みください。

※ Peatixでの「事前決済」は11月22日の23:50で締め切られます。
当日事前予約なしでご参加される方は、受付で当日参加の旨をお伝えいただき受付シートを記入した上で、現金でお支払いください。
セミナーのみ (2,500円) / セミナー + カフェ交流会 (4,000円)

※当日事前予約なしでカフェ交流会ご参加の場合、軽食の数に限りがございますので、お手数ですが当日受付にて状況をご確認ください。

※キャンセルについて、カフェ交流会希望の方は軽食の用意の都合、10日前までに上記問い合わせ先からご連絡ください

当日支払申し込み

当日支払いでのお申し込みはこちらです。

どちらかお選びください

問い合わせ先:matsuri@thecreative.jp

協賛

いいね・フォローお願いします!